伊勢農業協同組合(JA伊勢)|営農情報|金融共済情報|くらしの情報|各種相談会|三重県|伊勢市|尾鷲市|玉城町|度会町|大紀町|南伊勢町|紀北町

 
 
   
伊勢農業協同組合です。
農業の振興をはじめ、健康で豊かなくらしの実現や、人と人のつながりを大切にした地域づくりは、地域社会を構成する一員としてJAに与えられた使命です。当組合では、高齢者介護福祉事業や地産地消・環境に優しい農業の推進、各種文化活動など、元気あふれる地域づくりの一助になれるように様々な事業に積極的に取り組んでいます。
 

伊勢農業協同組合からのお知らせ

伊勢農業協同組合からのお知らせ
  2019-03-11 不祥事件発生のお詫びについて
  2019-03-01 「平成29年度産米共同計算」結果について
  2019-03-01 2020年4月採用の正職員を募集いたします
 
 
                         
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
伝統の「尾鷲甘夏」収穫、味、見た目ばっちり
2019-02-09
JA伊勢管内の尾鷲市で、50年以上の歴史がある「尾鷲甘夏」の収穫が行われている。品種は「川野夏橙(カワノナツダイダイ)」。果実は約20日間常温で保管した後、一つひとつ袋かけし、出荷が始まる4月までさらに置き、酸を抜く。
同市では昭和33年に国から指定を受け、開拓地で「尾鷲甘夏」の生産を開始。現在、尾鷲市開拓農業協同組合の8人が約7㌶の面積で栽培している。園地は全て南向きの斜面にあり、直射光と尾鷲湾の反射光を受けて生育する。同組合で栽培管理を統一しているので、味が安定し、出荷量を調整できるのが強みだ。
「尾鷲甘夏」は日持ちが良く、腐りがほとんど出ない点が市場で高く評価されている。これは、袋かけすることで果実から水分を逃がさず、また一つの果実が傷んでも他に広がる恐れがないため。中で蒸してしまわないように、袋は緩くかぶせて、空気の逃げ道を作るのがポイント。
「尾鷲甘夏」にとって最大の病害である「かいよう病」は、台風などで果実にスレや傷がつくと発生しやすくなる。この病気にかかると、葉や果実、枝に病斑ができてコルク化し、落葉も助長する。
同組合員で、甘夏園地を管理する中井勤さんは「今年度産は台風の被害はあまり受けず、雨が少なかったので大きく甘い実になった。品質も良く、果皮のキメが細かい見た目も美しい尾鷲甘夏ができた」と話す。
出荷は4月下旬頃まで行う予定。同JAとれたて市場内にある柑橘(かんきつ)選果場から、1ケースあたり10㌔で名古屋、県内市場へ出荷する。
トメ
写真=「尾鷲甘夏」を収穫する中井勤さん
 
伝統野菜「あさま小菜」ピーク、香り、味ばっちり
2019-02-08
JA伊勢管内の伊勢市四郷地区で、伝統野菜「あさま小菜」の収穫が大詰めに入っている。今年度は播種以降好天が続き、生育も順調。味・香り共に言うことなしの「あさま小菜」に仕上がった。
「あさま小菜」は、伊勢市内でも寒冷地となる同地区で古くから栽培されているアブラナ科の一種。生育時期に霜が降りると柔らかくなり風味も増す。シャキシャキとした食感が特徴で、同JA管内では現在13名の農家が約50アールで栽培している。漬物にしてご飯や雑煮のお供にするなど古くから同地区の伝統食として親しまれている。
今年度産の出来について生産者の東原喜美代さん(76)は「冬期に気温が高かったため、少し出荷のピークが早まったが、味と香りは抜群に良い」と太鼓判を押す。
収穫作業は2月下旬まで続き、出荷された「あさま小菜」は業者によって漬物に加工され、県内の量販店などで販売される。
トメ
写真=「あさま小菜」を収穫する東原さんら
 
 

伊勢農業協同組合

伊勢農業協同組合
 
〒516-2102
度会郡度会町大野木1858番地
TEL:0596-62-1125(代)
FAX:0596-62-1126 

 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 

304552
<<伊勢農業協同組合>> 〒516-2102 三重県度会郡度会町大野木1858番地 TEL:0596-62-1125 FAX:0596-62-1126