伊勢農業協同組合(JA伊勢)|営農情報|金融共済情報|くらしの情報|各種相談会|三重県|伊勢市|尾鷲市|玉城町|度会町|大紀町|南伊勢町|紀北町

 
 
   
伊勢農業協同組合です。
農業の振興をはじめ、健康で豊かなくらしの実現や、人と人のつながりを大切にした地域づくりは、地域社会を構成する一員としてJAに与えられた使命です。当組合では、高齢者介護福祉事業や地産地消・環境に優しい農業の推進、各種文化活動など、元気あふれる地域づくりの一助になれるように様々な事業に積極的に取り組んでいます。
 
 
                         
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
新規就農希望者の受け皿に/地元の高校で講演
2018-01-22
 JA伊勢の前田政吉営農担当常務は、1月22日、三重県立明野高校の農業学科119名を対象に、同氏が代表取締役社長を務める同JAの子会社「㈱あぐりん伊勢」について講演を行った。地域で活躍している方の話を聞き、生徒が自らの将来の生き方について考えることが目的。同社は新規就農者の育成と産地維持、遊休農地の解消を目的に2012年に設立された。
 講演では、農業生産の現状や農業者の高齢化、耕作放棄地の増加など、農業の抱える課題に対し、同社が取り組む新規就農者の育成や青ねぎとスナップエンドウの生産販売、水稲の受委託作業、農産物の試験栽培、農業の魅力などを紹介。
前田常務は「地元の会社が農業の課題解決に取り組んでいることを知ってもらいたい。農業に興味のある方は、是非入社して就農を目指してほしい。私たちが全力でサポートする」と話した。4月からは、同校の卒業生1名が同社に入社し、就農を目指して研修を行う予定。
トメ
写真=講演を行う前田常務
 
活き活きとした地域づくり/平成29年度JA伊勢女性部・家の光愛読者のつどい
2018-01-21
 JA伊勢女性部は1月21日、シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢で「平成29年度JA伊勢女性部・家の光愛読者のつどい」を開催し、同部員と来場者合わせて618名が参加した。
女性部員が文化教室で学んだフラダンスと着物の着付けを披露したほか、参加者全員で健康体操「レインボー体操」を行った。その後、漫才師で作家の島田洋七さんによる「がばいばあちゃんの笑顔でいきんしゃい」と題した講演が行われ、会場は終始笑いの渦に包まれた。また、来場者に同JAの取り組む自己改革を知ってもらうため、農家の所得確保を目的とした所得補完作物の栽培面積や、価格低減を実施した肥料と農薬の商品数などを掲載したパンフレットを配布し、JAへの理解や事業の利用に繋げた。
同JAの加藤宏代表理事組合長は「平成31年度には全組合員にアンケートが行われ、JA伊勢が地域に必要であるかが問われる。今後も、JA伊勢は自己改革や組合員や地域住民の方と一緒に地域を活性化させる取り組みを行っていく」と話した。
トメ
写真=レインボー体操を行う女性部員と来場者
 

伊勢農業協同組合

伊勢農業協同組合
 
〒516-2102
度会郡度会町大野木1858番地
TEL:0596-62-1125(代)
FAX:0596-62-1126 

 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 

264450
<<伊勢農業協同組合>> 〒516-2102 三重県度会郡度会町大野木1858番地 TEL:0596-62-1125 FAX:0596-62-1126