伊勢農業協同組合(JA伊勢)|営農情報|金融共済情報|くらしの情報|各種相談会|三重県|伊勢市|尾鷲市|玉城町|度会町|大紀町|南伊勢町|紀北町

 
 
   
伊勢農業協同組合です。
農業の振興をはじめ、健康で豊かなくらしの実現や、人と人のつながりを大切にした地域づくりは、地域社会を構成する一員としてJAに与えられた使命です。当組合では、高齢者介護福祉事業や地産地消・環境に優しい農業の推進、各種文化活動など、元気あふれる地域づくりの一助になれるように様々な事業に積極的に取り組んでいます。
 

伊勢農業協同組合からのお知らせ

伊勢農業協同組合からのお知らせ
2018-06-06 金融窓口営業時間変更のお知らせ
2018-06-06 総代会資料「注記表」を掲載しました。
2018-06-01 当JAの自己改革の取り組みをご紹介!
 
 
                         
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
作業省力化へ、農機大展示会
2018-07-04
JA伊勢農機課・各農機センターとジェイエイサービス伊勢カーセンターは6月下旬、伊勢市の農機整備センターで「農機・自動車大展示会」を開催した。機能性に優れ安全性の高い農機具などを展示・説明し、農作業の省力化や生産性の向上につなげることが目的で、2日間で430人が来場した。
会場には、トラクターなどの大型農機具から草刈り機や管理機などの小型農機具が取りそろえられた。来場者は各メーカーの実演機に同乗し、担当者から説明を受けていた。
JAは農機具のレンタルも2017年度から行っている。今後も各メーカーと連携を取りながら、省力化や生産の向上に努めていく。
 
柿「次郎」摘果、初任者へ講習
2018-07-01
JA伊勢果実野菜グループは6月中旬、玉城町内の園地で柿「次郎」の夏期作業初任者摘果講習会を開いた。
通常の摘果講習会とは別に、これから本格的に柿栽培に携わる新規就農者や、摘果について細かく聞きたい農家が対象で、8人が参加した。
県中央農業改良普及センターとJAの担当者が指導し、参加者らは同JA玉城支店で講習を受けた後、園地に移動し、摘果方法の説明を受けた。
高品質な果実を実らせるために不良な実を現時点で落とす摘果作業や、翌年のための新梢(しんしょう)管理、病害虫防除などを確認。
次郎柿は、完全甘柿で果汁が少なく、大きく歯ごたえがある。また次郎柿を干し柿にした「玉手柿」も人気だ。
担当者は「これから本格的に次郎柿の栽培を始める方に対しても、しっかりとした基礎を学んでいただき、生産者の所得が安定し、地域活性化に繋がれば」と話す。
 
 

伊勢農業協同組合

伊勢農業協同組合
 
〒516-2102
度会郡度会町大野木1858番地
TEL:0596-62-1125(代)
FAX:0596-62-1126 

 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 

274561
<<伊勢農業協同組合>> 〒516-2102 三重県度会郡度会町大野木1858番地 TEL:0596-62-1125 FAX:0596-62-1126