伊勢農業協同組合(JA伊勢)|営農情報|金融共済情報|くらしの情報|各種相談会|三重県|伊勢市|尾鷲市|玉城町|度会町|大紀町|南伊勢町|紀北町

 
 
   
伊勢農業協同組合です。
農業の振興をはじめ、健康で豊かなくらしの実現や、人と人のつながりを大切にした地域づくりは、地域社会を構成する一員としてJAに与えられた使命です。当組合では、高齢者介護福祉事業や地産地消・環境に優しい農業の推進、各種文化活動など、元気あふれる地域づくりの一助になれるように様々な事業に積極的に取り組んでいます。
 
 
                         
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
講習会で剪定の基本を再確認、JA伊勢ぶどう部会、園地で剪定講習会
2018-12-19
 JA伊勢ぶどう部会は19日、玉城町にある園地でブドウの剪定(せんてい)講習会を開いた。部会員11人が参加し、三重県中央農業改良普及センターとJA伊勢の担当者の指導のもと、実演を交えながら剪定や整枝の説明を受けた。
 同JA管内では部会員16人が、玉城町と伊勢市城田地区合わせて約3㌶の面積で「デラウェア」や「巨峰」を中心に栽培している。古くから「玉城ぶどう」として親しまれ、直売のほか、JAを通して県内市場へ出荷される。出荷時期は7月下旬から盆にかけて(デラウェア)。
 昨年は、猛暑の影響により、収量が減少した。その状況を踏まえ講習会では、より安定した結実、収量、果実品質の確保につなげるべく、基本を再確認した。
 JA伊勢ぶどう部会の見置美夫部会長は「より多くの収量を確保するためにも、剪定は重要な作業。枝を切りすぎると収量は減ってしまう。適切な判断をして今年産の収量を増やしていきたい」と話した。
 
写真=普及センター担当者から剪定の基本を学ぶ部会員ら
 
業務用キャベツ、出荷規格確認
2018-12-16
 
JA伊勢キャベツ部会は27日、同JA玉城集出荷場で業務用キャベツの目ぞろえ会を開いた。目ぞろえ会は出荷の規格を統一することが目的で、部会員24人が参加した。
当日は、同JA担当者から生育状況、出荷規格の説明があり、伊勢志摩地域農業改良普及センターの担当者が、今後の栽培管理を中心に説明を行った。また実際に、キャベツの品質状態を確認して目ぞろえを行った。
生育状況について同JA担当者は、「今年は、台風による被害が心配されたが、その後は天候も回復して好天が続き、冷え込みもなかったため生育も順調に進んだ。出来は昨年以上」と、これから迎える出荷のピークに向けて期待する。
同部会では、43人の部会員が約19㌶の面積で、11月下旬から3月下旬まで切れ目なく出荷できるよう品種特性を活かした栽培で、関西市場に出荷している。
トメ
 
写真=キャベツを切って葉の巻き具合を確認する同JA担当者と部会員ら(度会郡玉城町のJA伊勢玉城集出荷場で)
 
 

伊勢農業協同組合

伊勢農業協同組合
 
〒516-2102
度会郡度会町大野木1858番地
TEL:0596-62-1125(代)
FAX:0596-62-1126 

 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 

299725
<<伊勢農業協同組合>> 〒516-2102 三重県度会郡度会町大野木1858番地 TEL:0596-62-1125 FAX:0596-62-1126