伊勢農業協同組合(JA伊勢)|営農情報|金融共済情報|くらしの情報|各種相談会|三重県|伊勢市|尾鷲市|玉城町|度会町|大紀町|南伊勢町|紀北町

 
 
   
伊勢農業協同組合です。
農業の振興をはじめ、健康で豊かなくらしの実現や、人と人のつながりを大切にした地域づくりは、地域社会を構成する一員としてJAに与えられた使命です。当組合では、高齢者介護福祉事業や地産地消・環境に優しい農業の推進、各種文化活動など、元気あふれる地域づくりの一助になれるように様々な事業に積極的に取り組んでいます。
 
 
                         
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
消費者のニーズに合わせた出荷を、次郎柿目揃え会・出荷
2018-10-17
 JA伊勢玉城柿部会は、玉城町の同JA玉城選果場で17日から「次郎柿」の出荷を行っている。品質や形状・大きさ別に分けて箱詰めを行って、11月下旬まで名古屋・県内市場に出荷される。
 また、13日には同選果場で出荷に向けた目ぞろえ会を開いた。これは選果の規格を統一することが目的で、部会員60人が参加した。
 同部会では、市場との連携を強め、食べ頃の次郎柿を消費者に提供できるよう、2年前から選果基準を改めてより赤く着色した柿の出荷を行っている。
 今年産について同JA担当者は「台風の影響も心配されたが、糖度は例年並み。食べ頃の次郎柿を消費者にお届けできると思う」と期待する。
 同部会では、部会員99人が約40㌶で次郎柿を栽培している。
 
 
写真=次郎柿の出荷規格を確認する様子(JA伊勢玉城選果場で)
 
皇學館大学駅伝競走部へ差し入れ品贈呈
2018-10-15
 JAバンク三重が特別協賛する第50回全日本大学駅伝対校選手権大会に皇學館大学駅伝競走部が出場するにあたり、壮行会が10月15日に伊勢市の同校グラウンドで行われ、地元地域のJAとしてJA伊勢の西村隆行金融共済担当常務が出席した。西村常務は同部に同JA管内産コシヒカリ「伊勢ごころ」60kgと伊勢茶ペットボトル10ケースを贈呈した。
 同部は6月に行われた東海地区選考会で2位となり、2年連続で本大会出場を決めた。
 西村常務は「組合員や地域の皆さん、JA伊勢の職員一同が応援していますので、三重県の代表として頑張ってください」と激励の言葉を送った。
 同部の上村一真主将は「2年連続の出場となったが、昨年の結果を超える積極的な走りをしたい。出場できただけで満足するのではなく、少しでも上の順位を狙っていく」と意気込みを見せた。
 
 
写真=西村常務から差入れを受けとる駅伝部員ら(皇學館大學のグラウンドで)
 
 

伊勢農業協同組合

伊勢農業協同組合
 
〒516-2102
度会郡度会町大野木1858番地
TEL:0596-62-1125(代)
FAX:0596-62-1126 

 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 

291876
<<伊勢農業協同組合>> 〒516-2102 三重県度会郡度会町大野木1858番地 TEL:0596-62-1125 FAX:0596-62-1126