伊勢農業協同組合(JA伊勢)|営農情報|金融共済情報|くらしの情報|各種相談会|三重県|伊勢市|尾鷲市|玉城町|度会町|大紀町|南伊勢町|紀北町

 
 
   
伊勢農業協同組合です。
農業の振興をはじめ、健康で豊かなくらしの実現や、人と人のつながりを大切にした地域づくりは、地域社会を構成する一員としてJAに与えられた使命です。当組合では、高齢者介護福祉事業や地産地消・環境に優しい農業の推進、各種文化活動など、元気あふれる地域づくりの一助になれるように様々な事業に積極的に取り組んでいます。
 
 
                         
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
冬の味覚が早くも登場/特産マルゴみかん初出荷/期間限定「極早生」みかん
2017-10-18
JA伊勢マルゴ柑橘部は18日、南伊勢町のマルゴ撰果場で、「マルゴみかん」のブランド名で親しまれる温州ミカンの出荷が始まった。
この日は、生産者がコンテナで「極早生」みかんを撰果場に運び込み、撰果機と人の手で品質や形状別に分けて箱詰めし、約5.5トンをマルゴみかんとして、県内市場に出荷した。
今年産について、同JAの担当者は「小玉傾向ではあるが、甘味と酸味のある濃い味のミカンに仕上がっている」と評価する。
今年度出荷する温州ミカンは合計で約700トンの見込み。今後、12月中旬をピークに、県内市場に出荷される。
JA伊勢マルゴ柑橘部は、現在105人が約45ヘクタールで温州ミカンやセミノールなどの柑橘類を栽培。「マルゴみかん」は南伊勢町だけでなく、三重県内でも知名度が高い。
 
自分たちのアイディアを試作・試食会/新商品候補全12品
2017-10-12
JA伊勢は、農業者の所得増大に向けた取り組みとして、多様な販売チャネルの開拓をすすめている。産学官連携の一環として、地元の学校・行政と連携し、選別時に規格外となった農産物を使った商品開発に取り組んでいる。
現在、県立宇治山田商業高校・伊勢市と連携して、青ネギの規格外品を使った新商品の開発に取り組んでいる。10月12日には、学生らが考案した新商品候補全12品の試作・試食会を行った。同校の3年生25人が5班に分かれ、「ねぎトースト」「ねぎポテト」「ねぎポタージュ」などを作り、それぞれの試作品に対して意見を出し合った。
参加した学生らは「予想通りにできなくて難しかった。今回の反省を活かして改善していきたい」と意気込みを見せた。
2018年3月末までに商品化することを目標とし、今後は今回の試食会での反省を活かし改善していく。
 
 

伊勢農業協同組合

伊勢農業協同組合
 
〒516-2102
度会郡度会町大野木1858番地
TEL:0596-62-1125(代)
FAX:0596-62-1126 

 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 

254881
<<伊勢農業協同組合>> 〒516-2102 三重県度会郡度会町大野木1858番地 TEL:0596-62-1125 FAX:0596-62-1126