伊勢農業協同組合(JA伊勢)|営農情報|金融共済情報|くらしの情報|各種相談会|三重県|伊勢市|尾鷲市|玉城町|度会町|大紀町|南伊勢町|紀北町

 
 
   
伊勢農業協同組合です。
農業の振興をはじめ、健康で豊かなくらしの実現や、人と人のつながりを大切にした地域づくりは、地域社会を構成する一員としてJAに与えられた使命です。当組合では、高齢者介護福祉事業や地産地消・環境に優しい農業の推進、各種文化活動など、元気あふれる地域づくりの一助になれるように様々な事業に積極的に取り組んでいます。
 
 
                         
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
親子で楽しく食農体験、定植したサツマイモ自分たちで収穫
2018-10-13
 JA伊勢くらしの活動推進課と同JA営農指導課は13日、玉城町で今年度5回目となる「『食と農』の体験教室」を開催した。これは、体験を通して親子で食と農の大切さについて学ぶことが目的で、本年度は全6回を予定している。
 この日は、同JA管内の小学生とその保護者ら33名が参加。第3回の体験教室で定植したサツマイモを収穫した後、焼き芋作りを行った。
 参加した児童のひとりは「自分たちが植えたサツマイモを自分たちで収穫することができて、楽しかった。またサツマイモ掘りをやりたい」と笑顔を見せていた。
 企画した同JA担当者は「体験を通して、子どもだけでなく大人も食と農について学んでもらえたらと思う。今後も多くの人に参加していただけるような企画を考えていきたい」と話す。
 次回は、同JA小俣支店で児童らが家族に感謝の気持ちを込めて、お弁当作りを行う予定だ。
 
 
写真=サツマイモを収穫する児童ら(度会郡玉城町のほ場で)
 
自然の中で青ねぎの定植・選別作業などを体験、ワークキャンプ受け入れ
2018-10-13
 就農支援を行っているJA伊勢の子会社「㈱あぐりん伊勢」の卒業生である平生智也さんは13日と14日の2日間、度会郡玉城町における「下外城田地区明るい未来推進プロジェクト」の一環で、国際ボランティアNGO「NICE」の参加者を受け入れた。
 この取り組みは、国際ボランティアNGO「NICE」の活動の一つである、週末を利用した合宿型のボランティア活動で、当日は、県内外からの参加者8人が平生さんの圃場や作業場で、青ねぎの定植や選別などを体験した。
 参加者の一人は「初めて出会った人と一緒に自然の中で作業をしたいと思い参加した。青ねぎの食べられるところも捨ててしまうことがもったいないと思った。想像していたよりも大変な作業だったが、とてもやりがいがあった」と話した。
 同JAの担当者は「普段と違う環境で作業をすることは、非常に大切な経験になると思う。今回の開催を参考に、当JAでも農業に興味をもってくれる若者が増えるきっかけづくりをしていきたい」と話した。
 
 
トメ
写真=青ねぎの選別をする参加者ら(平生さんの作業場で)
 

伊勢農業協同組合

伊勢農業協同組合
 
〒516-2102
度会郡度会町大野木1858番地
TEL:0596-62-1125(代)
FAX:0596-62-1126 

 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 

291876
<<伊勢農業協同組合>> 〒516-2102 三重県度会郡度会町大野木1858番地 TEL:0596-62-1125 FAX:0596-62-1126