伊勢農業協同組合(JA伊勢)|営農情報|金融共済情報|くらしの情報|各種相談会|三重県|伊勢市|尾鷲市|玉城町|度会町|大紀町|南伊勢町|紀北町

 
 
   
伊勢農業協同組合です。
農業の振興をはじめ、健康で豊かなくらしの実現や、人と人のつながりを大切にした地域づくりは、地域社会を構成する一員としてJAに与えられた使命です。当組合では、高齢者介護福祉事業や地産地消・環境に優しい農業の推進、各種文化活動など、元気あふれる地域づくりの一助になれるように様々な事業に積極的に取り組んでいます。
 
 
                         
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
生産者の所得を確保、アスター目ぞろえ会・巡回
2018-07-17
 JA伊勢花卉グループは18日、伊勢市樫原町でお盆の花として知られるアスターの目揃え会を行った。
昨年度の台風により、同JA洋花部会のガーベラ生産者は大きな被害を受けた。同JAでは、生産者の所得を維持する目的のため、夏期のアスター栽培の推進を行っている。
 今年度から1名が栽培を開始。ハウス栽培と露地栽培合わせて5アールの面積に、約20,000本を作付。関西、中京市場への出荷を予定している。
 目揃え会当日は、生産者と同JA担当者、京都の市場担当者が立ち会い、花の大きさ・花色・草姿の確認を行った後、ほ場で生育を確認した。
 今年度産は、高温により通常に比べて1~2週間早い出荷となっているが、品質は良好。
 同JA担当者は「今年度をモデルに、今後、他の生産者に勧めていくとともに、新規生産者獲得に繋げていきたい」と話す。
 
えびすかぼちゃ出番、例年並み170㌧見込む
2018-07-17
 
 JA伊勢の玉城集出荷場で7月上旬、「えびすかぼちゃ」の出荷が始まった。8月9日頃まで続く予定で、例年並みの約170トンの出荷を見込んでいる。
 JAの振興野菜部会は、日焼け対策や、排水管理を徹底し、より品質の高いカボチャの出荷に取り組む。集出荷場で、規格に合ったものかどうかを確認することで品質を統一し、評価の向上を目指す。
 上旬には部会員らが出荷規格と品位基準を確認する目ぞろえ会を開き、カボチャを手に取り、日焼けや傷の状態などを、実物を前に品質を確認した。
 同部会の下村和男部会長は「部会全体での意識の統一を図り、高品質なカボチャを出荷していきたい」と話す。
 同部会では、伊勢市と玉城町の農家55戸が約9,2㌶で「えびすかぼちゃ」を栽培。JAオリジナルブランド「伊勢やさい」の一つとして、県内や名古屋、大阪市場へ出荷する。
 

伊勢農業協同組合

伊勢農業協同組合
 
〒516-2102
度会郡度会町大野木1858番地
TEL:0596-62-1125(代)
FAX:0596-62-1126 

 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 

285278
<<伊勢農業協同組合>> 〒516-2102 三重県度会郡度会町大野木1858番地 TEL:0596-62-1125 FAX:0596-62-1126