本文へ移動

いせちゃんブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

適正な摘果で品質向上目指す/「蓮台寺柿」の摘果講習会

2015-06-05

JA伊勢蓮台寺柿部会はこのほど、市内の園地で「蓮台寺柿」の摘果講習会を開いた。部会員25人が参加し、三重県中央農業改良普及センターと当JAの担当者の指導のもと、実際に作業を確認しながら意見を交換した。

 「蓮台寺柿」は、内宮と外宮の間にあった「鼓嶽山(こがくさん)蓮台寺」に因んでその名がついた。同市で350年以上の歴史があり、市の天然記念物に認定されている。不完全甘柿で、9月下旬に収穫した後、炭酸ガスで脱渋する。また、干し柿「ひなたやけ」は土産物として人気だ。

当JAの担当者は「適正な摘果を行うことで、果実肥大の促進と品質の向上をつなげていきたい」と話した。

 JA伊勢蓮台寺柿部会では、5支部(前山・伊勢・旭・勢田・藤里)の部会員合わせて54人が18㌶の面積で栽培している。

生産者が花供養/花に日頃の感謝を込めて

2015-06-05

 JA伊勢経済1課花卉グループは5日、伊勢市植山町にある同JA花卉集出荷施設で、花供養を行った。花への感謝を込めて毎年行っているもので、今年で32回目。

 当日は、JA伊勢バラ部会、洋花部会、トルコ部会、菊部会の部会員と、花卉グループ担当者ら合わせて28人が参加。部会員が各自持ち寄ったバラ、ガーベラ、トルコキキョウ、菊などを祭壇に飾り供養した。

 当JA花卉グループ担当者は「花を栽培し、商品として出荷することで、農業経営は成り立っている。生活を支えてくれている花への感謝を込めて、この機会を毎年設けている」と意義を話す。

 当JA管内では、伊勢市や度会郡玉城町で花卉を栽培し、東京や大阪、京都、名古屋、地元市場に出荷している。JAおよび部会では、市場訪問などを通して需要の高い品種や新品種を取り入れることに積極的に取り組むほか、継続的なPR活動、安定出荷を行い、販売拡大を目指している。

消費者ニーズに合った規格を目指す/JA伊勢ぶどう部会/摘粒講習会開く

2015-06-01

JA伊勢ぶどう部会はこのほど、度会郡玉城町にある園地でブドウの摘粒講習会を開き、部会員8人が参加しました。

摘粒は、果粒を大きくして商品性を高めるために、着粒制限する重要な作業。講習会では、当JA担当者や中央農業改良普及センターの担当者から、摘粒作業の再確認や当面の管理のポイントについて説明がありました。

当JA管内では、部会員19人が玉城町と伊勢市城田地区合わせて約4㌶の面積で「デラウェア」や「巨峰」を栽培している。古くから「玉城ぶどう」として親しまれ、直売のほか、JAを通して県内市場へ出荷されます。

 当JA担当者は「消費者ニーズに合った規格で販売することが重要になる。店頭で選ばれる品質を大切にしていきたい」と話しています。

適正な摘果で品質向上目指す/大玉生産に向けて摘果講習会を開く

2015-05-28

JA伊勢玉城柿部会は28日、度会郡玉城町内3カ所の園地で次郎柿の摘果講習会を開き、合わせて42人が参加した。これは、適正な摘果を行うことで、果実肥大の促進と品質の向上を目的としている。

講習会では、同JA担当者や中央農業改良普及センターの担当者から「残す果実と摘果する果実をきちんと見極めて樹の状態を確認しながら作業してほしい」と指導を受けた。また、実際の園地を巡回し、一枝に付ける個数や状態などを確認した。

JA担当者は「適正な摘果をすることで、大玉生産と品質の向上につなげていきたい」と期待する。  

次郎柿は、大きな四角形で、シャキシャキとした歯ごたえが特徴の甘柿。同町の特産品として、2008年には「みえの伝統果実」に認定された。同JA管内では、部会員112人が約32ヘクタールで栽培し、中京および県内市場に出荷されている。

防災意識の向上図りデイ利用者と防災訓練/避難時間1年で約2分短縮

2015-05-28

伊勢市上地町にあるJA伊勢介護センターひまわりは28日、デイサービスの利用者10人とともに、火災を想定した避難訓練を行った。全員の避難にかかった時間は48秒で、昨年と比較すると約2分の短縮となった。

 訓練は、職員らの防災意識を向上させ、利用者らに安心して施設での1日を過ごしてもらうために毎年2回実施。火災発生からの安全確保や避難誘導、消火確認などの流れを、どれだけ正確、迅速に行えるかを実践した。

 同JA福祉課福祉施設グループの上野金弥グループ長は「非常時に的確な判断のもと冷静に対応できるよう、今後も様々な事態を想定し、利用者の安全を第一に考えた迅速な避難活動ができるよう取り組んでいく」と話す


 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 
TOPへ戻る