伊勢農業協同組合(JA伊勢)|営農情報|金融共済情報|くらしの情報|各種相談会|三重県|伊勢市|尾鷲市|玉城町|度会町|大紀町|南伊勢町|紀北町

 
 
   
伊勢農業協同組合です。
農業の振興をはじめ、健康で豊かなくらしの実現や、人と人のつながりを大切にした地域づくりは、地域社会を構成する一員としてJAに与えられた使命です。当組合では、高齢者介護福祉事業や地産地消・環境に優しい農業の推進、各種文化活動など、元気あふれる地域づくりの一助になれるように様々な事業に積極的に取り組んでいます。
 

伊勢農業協同組合からのお知らせ

伊勢農業協同組合からのお知らせ
  2016-06-21 教育ローンのお知らせ
  2016-06-15 サマーキャンペーンについて(H28.6.8~8.12)
  2016-05-31 年金のお受け取りはJA伊勢で
 
 
                         
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
えびすかぼちゃ生育状況を確認/現地研修会を開く
2016-06-23
  JA伊勢振興野菜部会は23日、度会郡玉城町のえびすかぼちゃのほ場で現地研修会を開き、生産者47名が参加した。これは、実際のほ場で現在の生育状況や、今後の栽培管理について確認をするために開いたもの。
  当日は、同JA担当者や伊勢志摩地域農業改良普及センターの担当者が今後の栽培管理の注意点について説明を行うほか、JA全農みえから市場情勢についての報告があった。生育状況について同JA担当者は「定植後の強風による被害に悩まされたが、天候が安定してきた現在は順調に生育している。これからの栽培管理では、日焼け果の対策に特に注意して初出荷を迎えたい」と来月6日の初出荷に向け期待する。
同品種は、伊勢市や度会郡玉城町を中心に転作作物として作付けが進み、昨年に続き今年も新規生産者を獲得し、合計58戸の農家が約9㌶で栽培している。
  収穫されたえびすかぼちゃは県内市場・中京市場・大阪市場に出荷され、同JAのブランド品目である「伊勢やさい」として店頭に並ぶ。
 
JA伊勢マルゴ柑橘部/ミカンの摘果講習会を開く
2016-06-22
 JA伊勢マルゴ柑橘部は17日から22日にかけて、度会郡南伊勢町のミカン園地5カ所で摘果講習会を開き、合わせて約70人の部会員が参加した。
 講習会では、同JA担当者や三重県中央農業改良普及センターの担当者から、荒摘果の基本について説明があったほか、今後の病害虫防除に関する注意点などの報告があった。また、部会員らは、実際に園地を回って摘果の方法について確認した。
  同JAの担当者は「今後の摘果や適切な栽培管理についての情報を部会全体で共有し、今年も高品質なミカンを出荷していきたい」と話し、順調に生育が進めば10月下旬から始まる極早生の出荷に向けて意気込みを見せる。
 JA伊勢マルゴ柑橘部は、現在106人が約60ヘクタールで温州ミカンやセミノールなどの柑橘類を栽培。特に、「マルゴみかん」のブランド名で親しまれる温州ミカンは、県内での評価・知名度は高い。
 
 

伊勢農業協同組合

伊勢農業協同組合
 
〒516-2102
度会郡度会町大野木1858番地
TEL:0596-62-1125(代)
FAX:0596-62-1126 

 
伊勢農業協同組合
〒516-2102
三重県度会郡度会町
大野木1858番地
TEL.0596-62-1125
FAX.0596-62-1126
 

 

 
189237
<<伊勢農業協同組合>> 〒516-2102 三重県度会郡度会町大野木1858番地 TEL:0596-62-1125 FAX:0596-62-1126